土壌汚染

土壌汚染調査・対策の流れ

ダイオキシン類、環境ホルモン、POPsは、ごく微量でも有害な影響を及ぼすものであり、分析には非常に高度な技術力が必要とされています。
当社では最新の機器と優秀な技術スタッフにより、精度の高い正確なデータを提供致します。

  • 水質関係(河川水、工場排水、地下水、水道水)
  • 土壌関係(土壌、低質)
  • 焼却炉関係(排ガス、焼却灰、EP灰、BP灰)
  • 環境大気関係(空気、降下ばいじん)
  • 作業環境関係(焼却施設作業場)
  • 生体関係(血液、母乳、魚介類、動植物類)

高速液体クロマトグラフ質量分析装置【LC-MS-MS】

土壌汚染調査・対策

高分解能ガスクロマトグラフ質量分析装置【HRGC-MS】

光化学オキシダントは大気中のVOCと窒素酸化物の混合物が、太陽光(特に紫外線)照射による光化学反応を通じて生成されます。SOx、NOxによる大気汚染の改善に比較して揮発性有機化合物(VOC)の低減が課題となっています。このためのモニタリングが全国で実施されており、当社においても取り組んでいます。

土壌汚染調査・対策

土壌汚染調査・対策

ダイオキシン類 環境大気サンプリング
(平成20年度 環境省モニタリング調査)

土壌汚染調査・対策

有害大気汚染物質 サンプリング

環境分析・環境調査に関する業務

材料の品質評価や研究開発の支援業務

  • 福井環境分析センターへの資料請求・お問合せ
  • 業務実績
  • 所有設備
  • 採用情報
  • ShinEtsu

株式会社福井環境分析センター
〒915-0802
福井県越前市北府2丁目1番5号
(信越化学工業(株)武生工場内)
TEL:0778-21-0075(代)
FAX:0778-24-0968