化学物質

chemical substances

ダイオキシン類・環境ホルモン・残留農薬・POPs

ダイオキシン類、環境ホルモン、POPsは、ごく微量でも有害な影響を及ぼしますので、分析には非常に高度な技術が必要とされています。 当社ではMLAP認定事業者として最新の機器と優秀な技術スタッフにより、精度の高い正確なデータを提供致します。

  • 水質関係(河川水、工場排水、地下水)
  • 土壌関係(土壌、底質)
  • 焼却炉関係(排ガス、焼却灰、ばいじん)
  • 環境大気関係(空気、降下ばいじん)
  • 作業環境関係(焼却施設作業場)
  • 生体関係(魚介類、動植物類)
ダイオキシン類 水質、環境大気サンプリング

ダイオキシン類 水質、環境大気サンプリング

ダイオキシン類 水質、環境大気サンプリング
前処理

前処理

【HRGC-MS】

【HRGC-MS】

有害大気汚染物質

有害大気汚染物質とは、低濃度であっても長期的な摂取により健康影響が生ずるおそれのある物質で大気汚染の原因となります。該当する可能性のある物質として248種類、そのうち特に優先的に対策に取り組むべき物質(優先取組物質)として23種類がリストアップされています。

◆優先取組物質(23物質)

環境基準 (4物質:ベンゼン ・テトラクロロエチレン ・トリクロロエチレン ・ジクロロメタン)

指針値 (9物質:アクリロニトリル ・塩化ビニルモノマー ・クロロホルム ・1,2-ジクロロエタン  ・1,3-ブタジエン ・ニッケル化合物  ・ヒ素及びその化合物 ・マンガン及びその化合物 ・水銀及びその化合物)

・塩化メチル ・トルエン ・ 酸化エチレン ・アセトアルデヒド ・ホルムアルデヒド ・ベリリウム及びその化合物 ・クロム及び三価クロム化合物 ・六価クロム化合物  ・ベンゾ[a]ピレン ・ダイオキシン類(ダイオキシン類特別措置法に基づき対応)

揮発性有機化合物(VOC)

揮発性有機化合物(VOC)は、大気中で気体状となる有機化合物の総称であり、光化学オキシダントの原因となるため、VOCの低減が社会的な課題となっています。この目的でモニタリングが全国で実施されており、当社においても多くの自治体の調査に協力しています。

有害大気汚染物質 サンプリング

有害大気汚染物質 サンプリング

【GC-MS】

【GC-MS】

【LC-MS-MS】

【LC-MS-MS】

環境分析・環境調査に
関する業務
環境分析・調査に関するお問い合せ
材料分析・物性評価・
ソリューション支援業務
ソリューション分析に関するお問い合せ
  • 福井環境分析センターへの資料請求・お問合せ
  • 業務実績
  • 所有設備
  • 採用情報
ShinEtsu

株式会社福井環境分析センター
〒915-0802
福井県越前市北府2丁目1番5号
(信越化学工業(株)武生工場内)
TEL:0778-21-0075(代)
FAX:0778-24-0968